歴史

歴史

麒麟がくる 第5回 伊平次を探せ ▽あらすじ&感想

まだ信長が出ていないのに、もう本能寺に来た明智十兵衛。今回も色鮮やかで重鎮な衣装は凝っていてすばらしいです。 ピンクの遊郭で、艶っぽいです。平次を探し回る、十兵衛 。フットワーク軽いです。 関の孫六、鹿島の太刀(塚原卜伝)が出てきて驚きます。
歴史

麒麟がくる 第4回 尾張潜入指令|後につながる事満載 ▽あらすじ感想

今回も色鮮やかで、衣装もすばらしいです。 東庵と、信秀の会話、恐ろしいです。。これから信長と光秀が、公家に認められようとすることでしょう。 尾張に潜入した光秀と子供のころの徳川家康との出会いがあったり、もう本能寺が出てきたりして、続きが楽しみです。
歴史

新説所JAPAN 京都二条城 信長より怖い家康の本性 天守2つの謎▽まとめ&感想

二条城を徳川家康が京都に城を建て、豊臣恩顧の大名に徳川は手の届かない存在と認識させた。二条城の天守は秀長の大和郡山城より移築、4つの二条城が有った。天皇のと密接な関係を築き名実ともに天下人の証を得た。家光が二条城行幸を実現し徳川幕府の長期政権を実現
歴史

麒麟がくる 第3回 美濃の国 |道三と頼芸が確執▽あらすじ感想

帰蝶は明智荘を訪ね光秀や駒と会う。美濃の実権をめぐって斎藤道三と土岐頼芸が確執。 光秀達の衣装、相変わらずカラフルです。なんかペラペラに感じます。一方、道三達の衣装は、重厚です。絵鷹の絵を描く土岐頼芸 、くせ者でした。若すぎる人が少ない大河、最高です
歴史

麒麟がくる 第2回 道三の罠 |侍大将!と斬りかかる光秀▽感想

本能寺の変の35年前、斎藤道三対織田信秀の戦い勃発。鉄砲購入の精算を迫られ 当てがなければ 侍大将の首二つといわれ出陣。 道三は信秀のことを調べ上げ勝利。斎藤道三が主君であり娘婿でもある土岐頼純( 織田信秀と結託していた)を毒殺する 。
歴史

麒麟がくる 初回、 楽しみにしてました。感想

第一回「光秀、西へ」NHK 2020.1.19 とても、楽しみにしていました。解説本、2冊も買ってしまいました。 室町時代の末期、美濃を中心とした話、この時代の様子がピンときません。光秀は、美濃源氏の流れをくむ、土岐氏の一族である。
歴史

麒麟がくる★キャストビジュアルをみれば…

登場人物 キャストビジュアルが twitterで発表されていました。 皆さんとても素敵で、いろいろ想像がかき立てられます。
歴史

新説!所JAPAN 信長暗殺ミステリー犯人は忍者?|見ました

天正伊賀の乱で伊賀忍者一族を抹殺した信長▽土塁の中に忍びの頭領屋敷 ▽ 実際の忍術は ▽ 織田信長 暗殺未遂は塵砲で行われた ▽ 藤堂藩は伊賀の忍者達を藩士に採用、忍びの仕事をさせた ▽ 他藩や外国人も探らせた ▽ 松尾芭蕉は忍者か?
歴史

日本人に最も愛される武将総選挙 |また観てしまった。愛されていたのは、信長 謙信 政宗 幸村 家康

応仁の乱~関ヶ原の戦いまで 名だたる武将2700人の中から 全国10万人が好きな武将 5位まで投票 1位 織田信長 2位 上杉謙信 3位 独眼竜 伊達政宗 また観てしまった。やはり大河に出てきた人がずらり そろいました。