麒麟がくる 初回、 楽しみにしてました。感想

第一回「光秀、西へ」NHK 2020.1.19
とても、楽しみにしていました。解説本、2冊も買ってしまいました。
室町時代の末期、美濃を中心とした話、この時代の様子がピンときません。
光秀は、美濃源氏の流れをくむ、土岐氏の一族である。

美濃源氏(みのげんじ)とは、中世に美濃国に土着し本拠とした清和源氏の流れを汲む一族の呼称。

清和源氏とは、鎌倉幕府の源頼朝を輩出した武門の一族で、清和天皇の子供が、皇族から臣下となって一族の系譜が続いていきました。

あらすじ&感想

領地を荒らす野盗を撃退した際、明智光秀(長谷川博己)は、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出る。堺ではひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京では、名医と名高い望月東庵(堺 正章)と出会うが、大のばくち好きで、本当に名医なのかヤブ医者なのかわからない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる。

出典:NHK HP

風景の緑色がナンカ違和感すぎて、テレビがおかしくなったかと思いました。
農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影だそうで、今まで、時代劇の農民いつも、泥だらけなので、驚きました。

本木さんがなんか迫力あって良かったです。
鉄砲を手に入れるために、1人旅に出かけてしまいました。お供の1人もいないのでしょうか?ハラハラです。道中の様子、これも今までと、違います。比叡山辺りの様子、ずいぶん荒廃してました。
堺に、かなり賑やかです。 途中で聞いた、堺の刀の宗次郎 へ。
そこには、三淵藤英(みつぶち ふじひで)(室町幕府末期の幕臣)がおり、鉄砲の試し撃ちをすると言い出し、誘われて光秀も見に行きます。
威力はありますが、藤英は装填時間が掛かりすぎる。長弓は連射ができる。弩は威力が高い。
松永久秀(まつなが ひさひで)は、大金を持つ田舎者の光秀に、酒を飲ませて、お金、盗られると思いきや、枕元に置き手紙と鉄砲がありました。
渋い年代の人が出てくると、やはり安心します。いつも、若すぎると感じていましたから。

光秀は、鉄砲を背中にくくりつけ、京へ、ずいぶん荒れ果てています。
聞き込みにより、名医がいると聞き、麒麟の到来を待つ戦災孤児・と、博打好きの京の医師・望月東庵 (もちづき・とうあん) を 探し当てます。燃えさかる、火事の中、女の子を救います。
叔母の小見の方(道三の正妻)を助けるため、望月東庵 と美濃に戻ります。
従兄弟の 帰蝶 (のちに、信長の妻に)に迎えられます。

ええー、そんなこと?と思った事も、ありましたが、久しぶりの、戦国時代の大河で、まったく知らない時代なので、ずっと続けて、見たいと思います。
地区の人との、懇親会、早めに切り上げて、大河見ます? 皆さん楽しみにしています。