あしたも晴れ 人生レシピ 輝くスーパーシニアたち▽夢を持ち続け

Eテレ 3月6日(金)午後 8時00分~ 午後8時45分
「人生何度でも花開く!輝くスーパーシニアたち」
【司会】賀来千香子,小澤康喬 【語り】堀内賢雄

人生100年時代をイキイキと過ごすヒントを紹介!89歳の女性ながら45キロのバーベルをあげるマスターズの世界ベンチプレス大会、金メダリスト。強じんな体力の秘密とは?幼少時代の貧しい体験をバネに60代で食堂を始めた女性も登場。そして、男性70代、女性90代という驚きの新婚カップルも!20歳の年の差を乗り越える愛とは?年齢にとらわれず、自分らしさを大切に生きている魅力的なシニアの豊かな人生に迫る!

出典:NHK HP

89才 奥村正子さん世界ベンチプレス大会で4度の優勝を誇り、まだ頑張ればできる。

賀来さん,小澤アナは、水戸の OLIVA ボディビル&フィットネスクラブへ
ここにはベンチプレス選手の奥村正子さんがトレーニングしています。
89才でマスターズの世界ベンチプレス大会で4度の優勝を誇り、自己最高記録は60キロです。
ベンチプレスとは、横たわった状態で、バーベルを胸から押し上げます。
この日も42.5キロを楽々と上げました。
陸上部だった、小澤アナが挑戦しても、ぜんぜん上がりません。
奥村さんは、朝食を、肉中心にしっかり食べます。
活動するために、朝食をしっかりよく噛んで食べます。
手作りの、ニンニク・ブルーベリー酢をごちそうになりました。

きっかけは夫の交通事故のリハビリで始めた。
夫のサポートもあり、2013年から世界マスターズベンチプレス選手権で3連覇。
2017年軽い脳梗塞にかかり、入院も大事にいたらなかった。その2ヶ月後、夫が大腸ガンで亡くなった。
2018年南アフリカの世界マスターズベンチプレス選手権で、金メダルを87才で獲った。

新たなつながり、仲間達が出来た。若い仲間達も自分たちも出来るんだと。
目標は、世界選手権で記録更新。
生きている。生かされている。年寄りだって頑張ればできる

はっちゃんショップ 500円でお腹いっぱいになって、帰って欲しい

群馬県桐生市の食堂「はっちゃんショップ」を60代で始めた、田村はつゑ(84才)さん。
オープンと同時に、満席になります。
おいしそうな、骨付き肉の煮込み、カレイの煮付け、アサリの炊き込みご飯、きんぴら、鮭の焼き物、大根の煮付け、天ぷらなど15品が並びます。
500円で食べ放題。小学6年生まではタダ、バイキング形式のお袋の味です。
2時間で、売り切れです。
その後、食材の買い出しへ。
利益が出ていないどころか、夫の遺族年金を月7万円ほどつぎ込んでいます。

いつも下駄をはいています。
10才で、母を亡くし、鮮魚店に奉公に。
鮮魚店では、5時から、ご飯作り、夕方も子守しながら、配達。
小学校に行けなかった。漢字を習っていなく、くやしかった。

結婚後も、忙しかった。
子育てが終わり、57才の時、バイクで一人旅に出た。
北海道から九州まで、3ヶ月かけて、廻った。
福岡で、泊まるところのない、見知らぬ私を泊めてくれた。
やさしくしてもらい、いい気持ちになった。
62才で、店を開いた。500円でお腹いっぱいになって、帰ってもらいたい。

長女 京子さん。ご夫婦でラーメン店を営んでいます。
子供の頃寝る間を惜しんで、働く母の姿を見て、育ちました。
もう辞めれば」と言ったのですが、自分自身もやりたいということで、そういうのが生きがいではないかと、見守っています。
現在、一人暮らしで、お店を開けるのが張り合いになっています。
常連客が、料理を作ったり、後片付けを手伝ってくれるように、なりました。
体が続く限り、頑張りたい。「最高だよ。お金持っていないけど。

92歳と72歳 宇土市の新婚さんは夫婦でいたわりあい・感謝

思いがけない出会いで、人生が始まった人がいます。
熊本県宇土市に住む 寺尾勇(72才)さんは、キクイモを作って、暮らしています。
自宅は、山の中腹にあります。
待っていたのは、奥様の直子(92才)さん。新婚ほやほやです。
直子さんと、四季折々の景色の中散歩し、鳥の声、日光浴を楽しみます。

二人の出会いは、直子さんが自然の中で暮らしたいと考えたことが始まりでした。
東京に住み、軽井沢で、美智子様とテニスをするほどのお嬢様暮らしでした。
結婚をし、国際関係の仕事をする夫と、3人の娘を育て上げました。
夫を手伝ううちに、社会問題に興味を持ち、渡米し、 文化人類学の博士号を持ち、インディアンの研究に打ち込まれたという。平和であるという事、人類を考えないで。

ご主人の勇さんは、宇土市の農家の出身で、30才で結婚し、二人のお子さんを育てました。
しかし、利益を追求する経営に疑問を持ち、45才でタンザニアに。
15年住まれ、物質に頼らない、豊かさとは?
一番大事なのは。平和に生きる生き方なんだという自覚。

出会ったのは、8年前、それぞれの伴侶と死別した後。
直子さんが自然の中で暮らしたいと考え 、知人に勇さんを紹介され、居候したことから、共同生活がスタート。
互いの、共通点、平和に気がつき、2017年に結婚。
どこに魅力を感じたのか?
やさしいし、純粋ですから
いつも自然体でしょう。ナチュラル。
二人のギャップも
去年の夏、東京に行ったとき、帽子を買ってくれと言われ、日本橋のデパートへ。
荷造りし、1万円出したら、後6万円と消費税と言われた。と笑って話てくれた。

夫婦の関係を円満に保つ秘訣は、夜、疲れをねぎらい合う事。
そうっとね、腕枕をして、抱きしめて、今日、一日ありがとうねと、なでる。
周囲も応援しています。勇さんの弟夫婦も、月1回は、一緒に食事しています。
うれしかった。一人だったので、良かった。びっくりした。縁だなー。
直子さんも、神様がプレゼントしてくださったと、感謝しています。

昨年11月あるイベントのために東京へ、伝統文化や平和についてのトークショー。
二人の生き方が、注目され招待された。
二人のよりよい関係について、女性はあまり、強くなりすぎてはいけないのではないでしょうか。
ご主人をたてられるようにして。

合わせる。気持ちよく幸せになれるかを、気持ちを込めてやっています。

来訪した人は、年齢差が壁にならない。そこがすばらしい。
私たちもそういう男性に、巡り会いたい。
私は、いくつになっても、恋をしてもいいという生き方。
年は20才違いますけど、全く一緒、魂は一緒、年は全く考えません。

二人には、共通の夢があります。それは、自然と共に平和に暮らせる集落を作ること。この春車で1時間ほど離れた場所に移住する二人。そこに、あじさいやチューリップなどの花畑や、子供達が、川遊びをして、自然に触れられる場所を作ろうと、考えています。
夫婦になったことで、二人は、安心感を感じ、充実した日々を過ごしています。
本当に二人だけで、さえぎるものがないのよ。だから純粋に語り合えるのがとても良い。
夫婦は空気みたいなものだけど、将来こうしよう、ああしようという夢を共有している。
夫婦のいたわりあい、感謝なんです、お互い。

年齢にとらわれず、信じる道を歩む人たち、自分らしくあることで、まわりも笑顔にする。
そんな豊かな人生が、花を咲かせていました。

まとめ&感想

89歳 奥村正子さん世界ベンチプレス大会で4度の優勝を誇り、まだ頑張ればできる。
「はっちゃんショップ」を60代で始めた田村はつゑ(84才)さん、500円でお腹いっぱいになって、帰ってもらいたい。92歳と72歳 宇土市の新婚さんは夫婦でいたわりあい・感謝

輝くスーパーシニアたち、すばらしいですね。どの人も驚くばかり出る。
打ち込めるものがあるというのは、いいですね。
私もしっかり見つけたいと思います。