あしたも晴れ!人生レシピ 美と健康!骨は若返る▽こんな話 認知機能にも動脈硬化にも

Eテレ12月4日(金)午後 8時00分~ 午後8時45分
【ゲスト】箕輪はるか 【講師】婦人科医 太田博明 【司会】賀来千香子,小澤康喬【語り】堀内賢雄

女性の皆さん、骨、大丈夫ですか? 気づかぬうちに骨粗しょう症に。高齢者だけの問題にあらず。予備軍は、40代女性の10人に1人とも。でも、ご安心を。骨は何歳からでも若返る! 骨を丈夫にする4ポイント、食事・運動・紫外線・骨密度を紹介。ハリセンボン箕輪はるかさんの骨は大丈夫か、私生活を徹底検証。結果は? 最新研究から、骨に秘められた驚きの健康効果も。骨を鍛えて、若々しく、美しい体を手に入れませんか。

出典:NHK HP

骨粗しょう症の人が約1300万人 7割以上が女性 75歳で骨粗しょう症が平均的

今日のテーマは「」。私たちの暮らしを支える 大切な役割を果たしています。
その骨が スカスカになってしまう 怖い病気が「骨粗しょう症」
骨粗しょう症の人が約1300万人 いるといわれている。その7割以上が女性
ちょっとしたことで骨折したり、自分でも気付かないうちに 圧迫骨折を引き起こしたり、寝たきりや死に つながるおそれもあります。

この骨粗しょう症 高齢になってからの、病気と思われがちですが、実は気をつけないといけないのは40代から。女性は45歳ごろから女性ホルモンが減少し骨密度も激減。
どんどん下がって 75歳で骨粗しょう症になる人が平均的なのです。
しかも 骨粗しょう症 予備軍が 40代女性の10人に1人

骨の役割 大腿骨を骨折する人は5人に1人 背骨を骨折する人は3人に1人

♬~ 「あしたも晴れ!人生レシピ」。
骨粗しょう症の診療 研究に 長年あたってこられました婦人科医の太田博明さんです。

骨って屋台骨なんですね。であると同時に全身の機能をつかさどってる非常に大切な役割を果たしてる。

骨の大切な役割
・やわらかい脳や内臓を保護する。
・体を支持する。
骨に付いている筋肉の伸び縮みとともに体を動かす起点となる。
カルシウムを貯蔵する。
赤血球や白血球など血液を造る。


この骨粗しょう症になると、困ったこと
・骨折
身を守るんで転んだ時に この親指側の橈骨(とうこつ)という骨の 手首寄りが折れるんですね。
だんだん手がつけなくなってくると 肩の上腕骨の近位部って体に近いとこで折れるんですね。
それから次が 背骨。胸椎 腰椎 これが折れて、 70代になってくると、一番大きな骨っていう大腿骨 骨盤との間のこれ 大腿骨頭っていうんですけどこの付け根の この細い所 この頸部近位部 ここが折れるんですね。
大腿骨を折りますと1年以内に、20%が亡くなるんですね。
それで元の生活に戻れる人がたった20%しか いないんですね。寝たきりのもとになるんですね。

このような骨折は、ひと事ではありません。
50代以上の女性の場合、脚の付け根を骨折する人は5人に1人、背骨を骨折する人は3人に1人に上ります。

骨粗しょう症 ‘重いモノ’ で気付かさず骨折

骨折する時というのは、転んたり 何か ぶつけたりと想像しますが、骨粗しょう症の状態では、それ以外のケースがあります。
一番は女性の背骨の骨折 2/3は自分で症状ない。
日常生活では やはり冷蔵庫の冷凍庫の重い引き出しの出し入れの時に折ったり。
新聞や本を ちょっと出しに行く 捨てに行く時 そういう時に折ったり。
お米の10キロとか、重いのを持ったり、お孫さんのだっこも そうです。
それが この背骨の圧迫骨折。

気付かないうちに骨折してしまうのは、背中が痛かったり、腰が重かったりすることは、日常茶飯事であるんで、また そうかと思ってるんですね。だから激痛が走るわけじゃないんです。
自分でも気付かないうちに、骨折してしまうと こんなリスクが。
背中が丸くなる・背が縮む・連鎖して次の骨折を起こりやすい。など 皆さん油断禁物です。

骨粗しょう症の7割以上が女性。大事な大腿骨の近位部の骨折、8割は女性なんですね。
骨密度の量 値というのは45歳ぐらいまで同じなんです。
大体 今 閉経年齢が52歳ですけど、50歳から60歳までの10年間で15%減るんですね。
女性ホルモンで守られて、骨密度が維持できてたのが、だんだん その守護神がなくなってくるんで骨が減ってくる。骨粗しょう症になってくると。

50歳から、もう骨折が 骨粗しょう症が発症します。
なりやすい人の特徴、やはり一番は小柄で痩せてること
骨粗しょう症は自覚のないまま、いつの間にかかかってしまっていることがあるということです。

お笑いコンビ ハリセンボンの箕輪はるかさん 40歳。
箕輪さんといえば痩せ形で、相方の春菜さんからは、「しゃれこうべ」と突っ込まれるなど、どことなく骨っぽいイメージ。
骨粗しょう症になるリスクが高いのは、痩せ形の女性。 これは心配。

箕輪はるか 骨粗しょう症 チェック

そこで箕輪さんの骨は大丈夫なのか?太田さんに徹底的にチェックしてもらうことに。
太田さんによると 骨が大丈夫か、チェックするポイントは4つ。
食事 運動 紫外線 骨密度

まずは食事から。
朝食は食べない 昼食 シチュー コーヒーが好き(1日3杯以上)  .焼きそば

一番 気になったのは 朝食欠食ですね。
2食ですよね。 そうすると栄養が十分とれない

ええ やっぱり量的に必要とするエネルギーが摂取されてないということ。
栄養も 3大栄養素たんぱく質 脂肪 炭水化物ですか。これも十分じゃないし ビタミンとかミネラルの5大栄養素ももうちょっとじゃないかと思うんですね。

私もコーヒーが好きなので 先生コーヒーって影響あるんですか?
そうですね。 昔は結構言われてたんですけど 10杯ぐらいまではいいんじゃないかと思うんですけど。
できたら あそこで牛乳を飲んだら もっといいですね。

そのチェックポイントは運動です。
移動は常にタクシー おうちでゴロゴロ
やっぱり運動の基本は、歩行数で よく言いますよね。
平均的な日本人だと男性で8, 000歩ですか。女性で7, 000歩ぐらい。
理想は1日1万歩なんですね。やっぱり歩く 頑張って歩かないと、箕輪さん いけないかもしれない。

骨とか筋肉に対しては もう少し、ハードな運動というんですかジャンプ運動が いいんですね。
骨だと 垂直荷重方向のバレーボール、だとか バスケットボールそういう感じの運動の方が垂直荷重方向に力が加わって骨が活性化するんですね。

チェックポイントは紫外線です。日光が大の苦手のインドア派。
もう一つの趣味は ミニカー集め。コレクションは 80台にも。でも これまたインドアですね。
あっ 決まりました。華麗に決まりました。 けん玉
いかにも骨にアリっていうような表情をされてましたけどね。

やっぱり紫外線 ほとんど浴びてらっしゃらないんですね。
ビタミンDが足りなくなる。 紫外線を浴びるとビタミンDが増える。
そうなんです。 ビタミンのDに限っては8割は皮膚でできる、本当は体の中で できる生体物質 ホルモンですよね。8割がホルモンで2割がビタミンなんですね。

カルシウムを腸管から吸収するのに、ビタミンDが必須なんですね。
紫外線を浴びることによって、食べたカルシウムが吸収されやすくなる。骨が丈夫になる。
足をこうやって踏み鳴らすだけでもいいかもしれない。

やっぱり少し日焼けするぐらいがいいんですね。
UVカットというのは化粧品でも出てますけれども それよりは もっと太陽に当たるということを意識した方が骨には よろしい。

さあ続いての 骨は大丈夫か、チェックポイントは骨密度です。
箕輪さんの骨は 今どのような状態なのか。いよいよ骨密度検査です。

検査を終えた箕輪さん どうでしたか?
どんな検査されたんですか?
もう寝てるだけですね。 寝る台があって、その上をバーみたいなのが、通るか通らないか みたいな感じです。レントゲンの横になるみたいな。
受けた検査は 最も正確に骨密度を測ることができる「DXA デキサ法」。公的医療保険が適用されます。
背骨の腰椎大腿骨の骨密度。この2か所で骨粗しょう症の確定診断まで下すことができます。
肝心の結果ですけど、大体年相応です。
これから先、まだ だいぶ先ですけど、35年すると 骨粗しょう症になると言うこと。
一般的な平均値も そうですもんね。

今 女性は90歳まで どのぐらいの割合で 生きられると思います?
2人に1人生きられます。
だから 75で骨粗しょう症になると、15年もあるわけですよね。
屋台骨っていいますよね。やっぱり体の心棒ですから。大事なんですよね。 かたくて壊れなくて、不死身だと思ってるととんでもないことになって。

骨を丈夫にするための食事とかかと落とし運動で美と若さを保つ

平均的な人は 75歳で もう70%を切っちゃうわけですね。
70%以下になるってことは骨粗しょう症になっちゃう。
この骨密度が下がっていくリスクというのはもう誰にとっても起こりうる。

骨密度が減少していくと 顔の見た目も、変化するってことなんですよね。
特に 顔面の下顎骨が一番小さく変形しやすいんです。これは正面からの図ですけど、横から見るとあごが小さくなって 前へ 飛び出てきちゃうんですね。
それで ほうれい線が、目立ってくる。
土台の骨が衰えると 上の筋肉が衰えて、脂肪組織も含めて 全部 下垂してくる。

でも諦めなくてもいいとのこと、何歳になっても骨は若返るんです。
骨は新陳代謝 骨代謝を繰り返し、古いものから新しいものへと、毎日 少しずつ入れ替わっています。
骨の表面に張り付いた破骨細胞が、古くなったところを壊します。
すると そこに骨芽細胞が集まってきて、新たな骨を作ります。
こうして全身の骨が入れ替わり、骨が健康になるのです。

若い人は早くて2年ぐらいで、入れ替わるんですけど、お年寄りでも5年で入れ替わる。

さあ ここからは骨を丈夫にするための方法を太田さんに指導して頂きます。
まずは食事からです。
太田さんが指南する 骨を丈夫にする食事
まずは骨によい栄養素から。
要となるのは タンパク質 カルシウムしかし これだけでは、骨には つながりません。
カルシウムの吸収を助ける、ビタミンDが欠かせません。
また吸収したカルシウムを、骨に沈着させるビタミンKも必要です。
これら4つの栄養素をバランスよく、とることが 骨にとって大切なんです。

オススメの食材を見ていきましょう。
骨の主要成分となるカルシウム牛乳やチーズ ヨーグルトなどの乳製品が効果的。
含まれる値を参考に一日の目標量を心がけてください。
また豆腐や納豆などの大豆製品小魚などにも豊富に含まれています。
もう一つの骨の主要成分 たんぱく質。納豆にも豊富に含まれています。
そして大事なポイントは 3食きちんと決まった時間に食べること

続いては骨を丈夫にする運動です。
それには骨に刺激を与える。刺激によって骨の若返りっていうのは、何歳でも可能なわけですから。
ともあれ垂直荷重方向の運動刺激がこれが大事です。
骨に刺激を与えるということで、かかと落としを教えて頂きます。
太田さん お願いします。
ちょうど足の幅は、靴1足分ぐらい ちょっと開いて。
で 1って こうやって上げるんですね。
で 2と こう 下ろします。 1 2 1 2 1 2。できるだけ こう かかとを高く上げる。
1日50回やると いいんですね。

司令塔の骨細胞が みんな、つながってるんですね 突起を出して。
だから全身の骨につながる骨細胞に伝わって、骨作りをしなさいとリスクを感ずるわけですね。
実際に中学 高校の成長期に、バスケットボールなど、骨に重力がかかる運動経験のある人ほど
骨密度が高いことも分かっています。

立って運動するのが難しい人は、座ったままでも行えます。
安定したイスに座って、1 2 1 2とリズミカルに、かかとを落としましょう。
毎日 続けることが ポイントです。かなり体が あったまりますね。運動したなっていう感じします。

さあ こうして骨を鍛えますと、最新の研究を見ていきましょう。
骨は その本来の役割以外にも、驚きのパワーを秘めていることが、分かってきました。
古い骨を壊しては 新しい骨に作り替えるという「骨代謝」。
この時 骨芽細胞は骨を作ると同時に、ある大切なホルモンを放出しています。
それが こちら 最高の若返り物質オステオカルシンです。
2007年 アメリカ コロンビア大学の、ジェラール・カーセンティ博士によって、その驚くべき効果が発表されました。

骨から放出されたオステオカルシンは、血流に乗って全身に行き渡り、さまざまな部位に働きかけます。
例えば脳の認知機能や記憶力を 向上させたり、心臓や血管に働いて 動脈硬化や心筋梗塞などを防いだり、肝臓では脂肪肝を防いだり、さまざまな健康効果が期待できるのです。

さらに女性には うれしい こんな効果も。オステオカルシンがコラーゲンを生成し肌にハリを与える効果があるという報告もあるのです。

骨を健康にすれば 美と若さを保つことにつながる新たな常識。
骨には驚きの若返りパワー が 秘められているんです。

▽まとめ&感想

骨粗しょう症の人が約1300万人 7割以上が女性 75歳で骨粗しょう症が平均だそうです。
骨の役割 大腿骨を骨折する人は5人に1人 背骨を骨折する人は3人に1人
骨粗しょう症 ‘重いモノ’ で気付かず骨折
箕輪はるかさん 骨粗しょう症チェック
骨を丈夫にするための食事とかかと落とし運動で美と若さを保つ


前にも 人生レシピで鎌田實 先生の話で かかと落とし ありました(こちら)

いいなと思っても続かない私ですが、私の周りでもつまづいて 大腿骨を折って、手術して リハビリしたという人が多くいます。治っても 動けることが少なくなってしまいます。
私も、続け様に転び、胸を打ったり、膝 肘をすりむいています。本当に 気をつけなくてはいけません。