所さん大変ですよ 「住宅街に!?謎の洞窟付き物件」▽こんな話 防空壕

NHK総合 2021.4.8放送

横須賀の格安 防空壕付き物件 若い人が自分好みにリフォーム。
下が空洞の6階部分だけの建物 昼も夜も空を眺め 天国のような部屋に住む野辺さん。
八丈島魅惑のバス付き物件は 漫画家 たかまつやよいの癒やし空間。
新宿のスーパーの上の一戸建て風集合住宅



【司会】所ジョージ,木村佳乃
【出演】庭木櫻子 牛窪恵 モーリー・ロバートソン ヤマザキマリ 長嶋修 伊藤海彦【語り】吉田鋼太郎

横須賀の格安 防空壕付き物件 若い人が自分好みにリフォーム

物件情報を見るのが大好きなディレクターのもとに“謎の洞窟付き物件”情報が寄せられた。
都心から車で 1時間ほどの、横須賀にあるという。
住宅街の石段を上っていくと、それらしき一軒家を発見したものの、人が住んでいるようには見えない。
と そのとき、中から現れたのは この家の持ち主だという 20代の男性 増井さん
洞窟がついている物件と聞いてきたと告げ、早速 見せてもらうことに。
家の裏手の斜面に洞窟らしきものが。
中は 入って右側の空間は1畳ほど。
左側の空間は さらに広く2畳ほどある。

聞けば この物件 60坪で僅か1万円だったという。
しかも ちょっとだけ 東京湾が見える。

購入の決め手は 何といってもこの眺望だった。
10年以上 空き家として放置されていたという この物件。
築70年で、建物は だいぶ 傷みがひどいようだ。
男性は テントと寝袋で 寝泊まりしているという。
大学で建築を学んだという男性。
家の修繕に興味があり、自分好みにリフォームしながら 暮らしたいと この家を手に入れた。
家を買ってみたら 洞窟まで付いてきたというわけだ。

それにしても 謎の洞窟の正体は何なのか?
この地域の物件に詳しい、40年以上 横須賀で 不動産業を 営んでいるという女性 藤岡さんに 話を聞く。
洞窟の正体は 戦時中に掘られた 防空壕でした。
首都から最も近い軍港だった横須賀。
戦時中は 空襲に備え たくさんの防空壕が掘られた。
女性も 幼いころ 空襲警報のたびに、防空壕に入った記憶があるという。
「板や畳が敷いてあったり 5~6人ずつ分かれて入る。天井にゲジゲジがいっぱいいたので それが怖くて 降ってきそうで。年がら年中 入り口に立っていた。」と語った。

横須賀市内には 今なお100を超える防空壕が残っているという。
防空壕を車庫として使っている 臨港タクシー株式会社
社長の 市川さんが説明してくれた。 奥行きが20m タクシー16台が入るという。
「街中で営業していたが、国から 防空壕を車庫にして移ってもらえないかと依頼があり 移ってくることになりました。」
使ってみると、車庫にうってつけだったそうで。
「騒音が外に響かず、夏は涼しく、冬は暖かいので 作業がしやすい。」

本日は ○○付き物件が続々登場
こういうものが付いてたら おうち買ってみたいなっていうの あったりしますか?
(所さん)うちはね 変わったおうちなんでね。変わったものが付き過ぎちゃって、物件求めるなら ついてない方がいい!
よく言うのは、プール付き物件?
プール あったらあったで掃除したりとか。大変ですね。
(ヤマザキ)ロンドンで人気なのが 幽霊付き物件。幽霊が出る、怪奇現象が起きる そういう物件の方が値段が高くなる。夫も古い家が大好きで 今住んでいる家が500年前のモノですが、その家に行き着く前に まず最初に選んできたのが 築700年の城壁の塔の中に出来た家、そこでいろんな兵士が50人くらい討ち死にしている。
それを 不動産屋さんに聞いたときに うちの夫が もう 目が キラッキラしちゃって。

下が空洞の6階部分だけの建物 いつも空を眺める野辺さん

おお~! ここに行くと幸せな気分になれます。
天国のような眠り付き物件と。
その物件は 名古屋駅から 車で20分ほど。
そこで ディレクターが見たものは、はるか上空に建物が浮いている。
見れば 隣の6階建ての建物とほぼ同じ高さ。
インターホンがあったので 恐る恐る押してみると、「エレベーターでお上がりください」
エレベーターに乗り込んでみると、どうやら 上空の部屋は この建物の2階にあたるらしい。
出迎えてくれたのは この物件の所有者だという 90歳の男性。
これは 私のですね…
長年 会社を経営してきた男性 野辺進さん(90歳)。
今は この家で1人暮らしをしているという。
天井を 棒で開けてみると 天井が開き、巨大な天窓が現れた。
さらに スイッチを入れると 天窓が開き 外気が流れ込んできた。
「癒やしの天井ですね」、ソファーで横になり「昼間は雲の動きが見える。夜は月が見えますね。寝るまで こうこうと月が輝いてるのがね。天国のようなところですね。」
ちなみに 屋上は どうなっているのか、案内してもらうと。
現れたのは 高さ4.5mもある 巨大な天体望遠鏡。

いったい どうしてこんな家を作ったのか 尋ねると、
「私が作ったのではなく、お医者さんが作って 私が購入した。」
前の所有者はなぜ こんな建物を建てたのか、建物を 10年前に調査したことがあるという
建築士 栗本さんを訪ねた。
15年以上前に亡くなった医師 近藤亨さんが みずから 設計案を考えた こだわりの住宅なのだという。
橋を造るときにも使われる技術を用いて 20m上空に造られた部屋。
防犯目的のため、この家は 建築基準法上 2階建て扱いなので 階段を設置する必要がなく
エレベーターさえ止めてしまえば 誰も上に上がってこられないという。
でも 上にいるときに エレベーターが止まったら どうするのか、心配になり 再び男性を訪ねてみると、外に脱出用のはしごを下ろす逃げ口があった。
うわあ~!無理ですよ。高所恐怖症のディレクターには とても下りられそうにないが 実は もう一つ
別の脱出方法があるという。
いざとなったら となりの弟の家に 屋根伝いに逃げるつもりだという。
男性は今日も 空を眺めながら 天国のような眠りを楽しんでいるのだ。

八丈島魅惑のバス付き物件は 漫画家 たかまつやよいの癒やし空間

本州から およそ290km離れた 八丈島の魅惑のバス付き物件
ここからは私がリポートします。ミス八丈島の立石琴乃です。
八丈島といえば、黄八丈くさやです。
さて いよいよ 問題の物件へ。
「バスある」バスはバスでも 路線バス。(立川駅北口行き)
この家に住む たかまつやよいさんに なぜ 庭に 立川駅行きの路線バスが止まっているのか 尋ねると、「私の住んでいる物件の部屋の1つです。スペースがもう少し欲しいなと相談したところ バスを設置したら いいではないかと」
聞けば 八丈島で部屋を増築しようとすると 資材の輸送費などで 500万円もかかってしまうが 中古バスなら 輸送費込み100万円ほどで 手に入れられたという。

バスの中は どうなっているのか、いったん 家の中へ。
バスへは 家の中から 乗車できるようになっている。
広さは15畳ほど 前方は物置で、後方には 座席を利用したカフェスペース。
好きな漫画や雑誌。趣味のフィギュアも飾られている。「秘密基地みたい 楽しそう!」
ちなみに バスとしての機能も残されているそうで、
(チャイム)(車内アナウンス)「ドアが開きます」。
「ゴローンと横になって、ゲームコントローラを置き、電子書籍のタブレット 読みかけの本 コーヒー お菓子 。完全に仕事と切り離して 癒やされる 癒やし空間です。」

実は たかまつさんの職業は 漫画家(たかまつやよい
14年前に八丈島に移住し 島の生活を4コマ漫画にして 発表してきた。
その漫画のタイトルは「流されて八丈島」
島の書店では あの「鬼滅の刃」よりも売れているという。
実は 琴乃さんも この漫画の大ファン。
サインと似顔絵を描いてもらって大喜び。
「以上 八丈島から お送りしました」 と手振ってます。

(牛窪) 実は バス こんな利用法 再利用の例もあるんです。
こちらです。ロンドン名物 赤い2階建てのロンドンバスを再利用したホテル
中をのぞいてみるとここがダイニングスペースです。
トイレとシャワールームも備え付けられているんですね。
2階建てですから バスの2階 寝室兼フリースペースで4人まで泊まれます。
ちなみに このバス 移動は出来ない。


VTRで 2階がすごく高い所にある物件(地上20m 2階建て 階段のない空中住宅)
出てきましたけれども。
不動産コンサルタント 長嶋修さんは「2階から5階まで 空間になってるというのは …。建物が上のほうに集中してると 頭が重いような形になりますので 地震には弱いんじゃないかという懸念も ありますけども。あの設計で 新耐震基準になっていることもすごいと思います。」

新宿のスーパーの上の一戸建て風集合住宅

何とも不思議な物件を見つけちゃいました。
問題の一戸建ては 東京 新宿にあります。
目的のスーパー(ヨークフーズ新宿富久店)を目指し歩いていると、
(取材者)あっ スーパーありましたね。上に 一戸建て 建ってます。。
向かいのビルの屋上から見せてもらうと、目の前には まるでミニチュアの街のような光景
数えてみると17軒、それが スーパーの上に整然と並んで立っています。

一体 どこから上がればいいのか。入り口を探して スーパーの中へ。
店の奥に 住宅への直行エレベーターがあるといいます。

早速 上がってみることに。
「すごく日当たりがいいですね。こちらの家も庭が広い。新宿なのに すごい広いですね。
そのとき 住人らしき人を発見。この女性も 毎日 下のスーパーに買い物に行っているそうです。
別の住人に 家の中を見せてもらうと、こちらは 65平米 2LDKの平家。
都心にありながらも 日当たりや風通しがいいことが 気に入っているといいます。
「本当は 一戸建て風集合住宅。再開発で出来た町なので 人口地盤の上に建っている」
屋上に造った人工地盤ゆえ、決められた植物以外は 植えられないといいますが、「いいですね。小さな庭でも」
スーパー屋上の この町は なぜ生まれたのか、再開発のリーダーを務めた男性 笹野さんに話を聞くことに。
ここ西富久地区は小さな戸建てが密集する地域でした。
バブル期 地上げ屋の標的となった町は 半分くらい買われてしまい バブルがはじけるとどんどん荒廃していったといいます。

町をなんとかしたいと 住民が主体となって再開発に乗り出しました。
マンションじゃなくて 一軒家に住みたいという意見が多くて、下町の人情横町 昔の街並みを再現する。
こうして28年がかりの再開発によって 他に類を見ない景観が生まれたのです。

普通 住宅密集地を 再開発するっていうことになると そこに高層のマンション 造って。
六本木ヒルズみたいなイメージですね。
そのマンションに 土地の所有者が入っていくっていうのが ほとんど なんですよ。
ただ 今回は1戸建てのかつての風情のまま なんとかしたいという思いが結実して ああいうスタイルになって。
いろんな事情があったみたいだけど 結果ステキ!
でも…
そうですね。
(牛窪)再開発といえば 今 日本は シャッター商店街が増えてどう再生するかが 課題なんですが、
アーケードの下の2階部分に ガラス張りのリビングルームを配した住居を造ったんです。
店舗をリノベーションして人を住まわせる発想。非常に話題を呼びました。
これ 住む側からすれば 雨に濡れずお買い物できる 。
へえ~!
見ていくとね 何か すてきなものあるね。

▽まとめ&感想

横須賀の格安 防空壕付き物件 若い人が自分好みにリフォーム。
下が空洞の6階部分だけの建物 昼も夜も空を眺め 天国のような生活の野辺さん。
八丈島魅惑のバス付き物件は 漫画家 たかまつやよいの癒やし空間。
新宿のスーパーの上の一戸建て風集合住宅
*-*-*-*-*-*-
今も防空壕が残っていることに 驚きました。ずいぶんの格安物件ですね。撤去すると 相当掛かるんでしょうね。
あの6階で 昼も夜も空を眺める事 うらやましいです。
新宿のミニチュアの街、機会があったら 眺めてみたいです。まずは GoogleMapで