所さん大変ですよ 朗報!謎のお助けグッズ ▽ワンオペ育児まとめ

NHK総合 2/27 木曜日 午後7時30分~
所さん!大変ですよ「朗報!?謎の“お助けグッズ”登場
【司会】所ジョージ,木村佳乃,合原明子
【出演】澤口俊之,牛窪恵 , モーリー・ロバートソン
【リポーター】井上裕貴,【語り】吉田鋼太郎

主婦の悩みを解消する謎の“お助けグッズ”が登場。家事や料理の最中、幼い子どもの面倒をちょっとでもいいから見てほしい。でもワンオペ育児で頼る相手もいない…。そんなとき、登場する強い味方が、遠隔操作型の育児支援ロボットだ!遠くに暮らす祖父母などがモニターを見ながらロボットを操作。子どもと会話もできるため気を引くことができる。児童虐待のニュースが後を絶えないなか、育児で悩む親を支援する新しい方法を探る。

出典:NHK HP

遠隔育児支援ロボットでおばあちゃんが手助け

都内に夫と2人の娘の4人で暮らすかたは、ワンオペレーション(一人で 子育てすること)
が多いです。2歳の次女は イヤイヤ期の真っ盛り。
夕食の準備をしていても…。

離れた場所に住む女性の母親に電話すると、不思議なマシーンが現れた!
子育て支援を目的とした遠隔操作型ロボットで、タブレットで操作。
テレビ電話機能がついています。
おばあちゃんにも、孫と接触できて、とてもいい。
かくれんぼや 鬼ごっこもできるため、子どもの興味を引きつけておけます。
子どもが、危険な行動を取ろうとした場合には ちょっと危ないよと声を掛けます。
警告音も出せます。
実は このロボット、この方も参加している大学の研究グループが開発しています。6月からレンタルの計画があります。

子育てのあり方を変える 遠隔育児支援ロボットChiCaRoはこちらです。

グランドマザーリングといいまして、 おばあちゃんが孫の、世話をすることによって、寿命が長くなる事がわかってきました。

「子連れ出勤」 できる会社が増えてきている

東京 渋谷にあるカタログギフトの企画・販売会社で、行われている「子連れ出勤」
オフィスの真ん中には仕切りで囲われたスペースがあり、原則 子どもたちは ここで過ごし親はそばで仕事する。
子連れ出勤の制度を知り 再就職した。夫は仕事が忙しく、長年ワンオペ育児に追われていた。
ここで働き始めてから、育児ストレスが次第に減ったという。
時には オフィスで子どもが泣いたり、大騒ぎすることも。
ちなみに仕事中、子どもの世話をする時間は、勤務時間から、差し引かれる制度となっている。
そのため 親も周りの社員も気兼ねなく 職場で子どもと接することができる。
売上も、順調に伸びているそうです。

こうした 子連れ出勤は 全国で増加中だそうです。
一方「育児が女性に一層 偏る」という反対意見も。
時代は変わった。1988年にアグネス論争がありました。
「大人の世界に子どもを連れてくるな」、 「周囲のこと 考えてるのか」と言われた。
当時子供を産んで、仕事を続けられる女性は、4人に1人くらいで、女性からもバッシングがあった。

兵庫県新河町 シングルマザーへの移住支援事業

  • 引っ越し費用 最大半額を補助
  • 家賃も最大2万円を補助
  • 仕事が必要な人には紹介

この4年で、14世帯40人が移住!過疎化が進む町は、シングルマザーに、移住してもらう代わりに、子育てを応援している。
この日は移住してきた、シングルマザーと子どもたちの、交流会が開かれていた。

6歳と3歳の男の子と暮らす、町から紹介された一軒家。
家賃は補助を差し引くと35000円。(きれいな おうち)
もともとは 関西圏のベッドタウンに暮らしていた。
離婚し子連れでアパートに引っ越すと、生活は一変したという。
誰にも頼ることができなかった。野村さんは次第に 精神的にも肉体的にも 追い詰められていった。

そんなときこの町の移住支援制度を知り、家族で移り住んだ。
ご近所さんたちが 何かと声をかけてくれるようになったのだ。
向かいの家に住む女性。第2のお母さんが、いろいろ手助けしてくれます。
過疎化が進み、町から子どもの声が消えたことを、ずっと寂しく思っていたので、 子どもが来たから、うれしくてしょうがないんだろうね。
移住する前は精神的に追い詰められて、時には 子どもに、きつく当たってしまう。

児童虐待は増えている

去年、全国の児童相談所が対応した、児童虐待の相談件数、およそ16万件。
非常に深刻な状況なんですね。

虐待が起きるリスクを高める ポイント( 厚生労働省)

  • 親が子ども時代に大人から愛情を受けていなかった
  • 経済不安や育児負担など親の生活にストレスが積み重なって危機的状況にある
  • 親が社会的に孤立して援助者がいない、助けてもらえる人がいない
  • 望まぬ妊娠・育てにくいなど親の意に沿わない子である

虐待のニュースを見ていると、若いおかあさんが離婚されて、籍は入っていない彼氏と一緒に住んで、その彼氏が虐待する。なぜなんですか。
言いづらいんですけど、生活保護をお母さん達は、もらっている場合も多いので、目当てにくるたかり現象。そういうケースが多い。(すごいこと聞いてくる&答えに驚きです)

何でも打ち明けられる大阪の助産師さん

母乳マッサージを施す大阪の助産師さんです。
マッサージを受ける間、お母さんたちが打ち明けるのが…。
最近子供の機嫌が悪くて、ギャンギャン1日泣いているときがあって、しんどい。
その子は、この人だったら、応えてくれるから、自我を出してくる
逆におとなしすぎる子供の時に、不安に思う。

時には 児童虐待につながりかねない悩みを打ち明けられること
ママが笑顔であって、前向きであることが一番大事
女性が最も大切にしていることは、お母さん達の心のケア。
というわけで 自宅へ行ってみると、前の夫と 今の夫との間に11人の子供がおりました。
その経験から見えてきた子育ての秘けつとは。
今のお母さん頑張りすぎ。ネットには、しつけないといけない、出来ないと問題行動が出る。お母さん達は追い込まれる。うまく出来なくとも、力抜いても大丈夫。
聞いてもらってるっていう事で、安心感が生まれる。

さまざまな子育て支援
孤独になるのが、一番危ないと思いました。
誰かに話したほうがいいね。

(木村さん)すごい勢いで娘を叱ったら、うちの主人が「おまえの顔 マイク・タイソンの全盛期みたい」って、それで プッてなったので、非常に助かりました。

でも マイク・タイソンって! すてきな旦那だよ。

▽まとめ&感想

遠隔育児支援ロボットでおばあちゃんが手助け。「子連れ出勤」 できる会社が増えてきている。
兵庫県新河町 シングルマザーへの移住支援事業。児童虐待は増えている。何でも打ち明けられる大阪の助産師さん

私も、小さな孫を相手にすることがあるので、興味深く見ました。
どちらもおとなしくしてくれないと、困ってしまいます。アンパンマンを見せると、いろいろできるのですが、集中しすぎて止められなく泣き出してまた困ってしまう。これをたった1人で、いつもやらなければならない人は、本当に大変でしょうね。
この人だったら、応えてくれるから、自我を出してくる。たくさん甘えさせましょう。
おばあちゃんが孫の、世話をすることで、寿命が長くなるなんてうれしいです。