洗濯表示のマーク | どういう意味があるの?

ニトリの着る毛布(Nウォーム)で見た洗濯表示のマーク 、全然わかりませんでした。
以前の絞り方のマーク使われなくなったようです。

消費者庁のホームページに新しい洗濯表示新しい洗濯表示がありました。
2016年12月から、国内外で統一された洗濯表示になりました。
タンブル乾燥(洗濯物を回転させながら、温風で乾燥させる衣類乾燥機)とか、
ウエットクリーニング(クリーニング店が行うプロの水洗いと仕上げ)など、初めて聞いた言葉が出てきました。
記号の種類が22種類から41種類に増えてより細やかに、覚えきれません。

新しい洗濯表示

消費者庁のホームページより引用させていただきました。

洗濯表示は、「家庭での洗濯の仕方」「漂白の仕方」「乾燥の仕方」「アイロンのかけ方」「クリーニングの種類」の5つの基本記号と、「強さ」や「温度」、「禁止」などを表す付加記号や数字によって表示されます。
基本記号と付加記号・数字が組み合わさった表示を読み取ることで、その衣類の適切な洗濯の方法が判断できるようになっています。
新しく追加された記号には、「酸素系漂白剤」「タンブル乾燥」「ウエットクリーニング」などがあります。
「絞り方」の記号はなくなりました。

国際規格の記号を使うことになり、記号内の日本語の表記がなくなりました。代わりに、これらの情報は表示記号の近くに付記用語で記載されることになります。
洗濯ネット使用がそれですね。

洗濯表示が変わっていました。テレビで、そのようなことの一部が映っていたような!
頼りないですね。改めて、じっくり見ました。
新しい洗濯表示早見表 ご自由にお撮りください。プリントして洗濯機に、とありました。
間違って、衣類乾燥機に入れたりしたら困りますので、しっかり覚えます。