所さん!大変ですよ なんでもかんでも動画時代▽まとめ

NHK総合 2/20 木曜日 午後7時30分~
所さん!大変ですよ「なんでもかんでも“動画”時代!?」
【司会】所ジョージ,木村佳乃,合原明子
【出演】澤口俊之,牛窪恵 ,【 ゲスト】りゅうちぇる
【リポーター】井上裕貴,【語り】吉田鋼太郎

あるスーパーが大盤振る舞いしていたのは従業員むけ「動画マニュアル」。「いらっしゃいませ」だけの数秒の動画など5百本が、「読めない、読まない」若手向けに用意されていた。大学の授業も動画がないと学生から大不評。就活でもエントリーシートではなく動画で応募できる企業が増えているという。一方、動画から学んで150キロの速球が投げられるようになった投手や、大学レベルの数学力を身につけた少年なども登場する。

出典:NHK HP

【司会】所ジョージ,木村佳乃,合原明子,【出演】澤口俊之,牛窪恵,【ゲスト】りゅうちぇる,【リポーター】井上裕貴,【語り】吉田鋼太郎

動画で従業員の教育するスーパー

動画で従業員の教育する世田谷のスーパー
従業員に 10秒に満たない接客の動画マニュアルを見せて、社員教育を行います。
良い例、悪い例を見せています、文字だとうまく伝わらないからだそうです。
読んで理解することが難しくなっている。
言葉で教えるより動画を見せた方が早いですね。

経済協力開発機構(OECD)が発表した79の国と地域の15歳を対象とした国際学習到達度調査(PISA)の結果によると、2018年日本の若者の読解力が 8位から15位に急落した。

動画なければ、授業にならない今時の大学生

早稲田大学のある教授の講義では、言葉と文字では眠くなり授業にならないが、そこで、動画を流すと、しっかり見るようになる。さらに、動画を撮るようにすると活気づいてきた。

所さん「間単に、入ってくるものは、間単に忘れちゃう。」
澤口先生「文字を理解するために、脳は複雑な処理を行っている。負荷が掛かりすぎている。」
木村さん「想像して、ホラー小説を読む方が、ホラー映画を見るより怖い。」

りゅうちぇる「小学生の時からあった。動画じゃないと理解できない…」
「子育ての動画も役に立っている。」

動画で、草野球からBC神奈川入りした、杉浦健二郎投手

中央大学法学部の21歳 杉浦健二郎は、 元バトミントン部 で、高校時代、大学時代ともに硬式野球部に所属せず、軟式野球を楽しむ。 規格外の身体能力をほこり、動画を参考に独学で勉強した投球は、MAX150キロを投げるまでに成長しました。
大谷翔平選手からは、左足の使い方を学び、千賀滉大選手からは、肩甲骨の使い方などを取り入れた。見て、マネするのが近道。
国内プロ野球独立リーグ「BCリーグ」の2020年ドラフト会議で、高校野球・大学野球未経験者が、12球団全体で1位指名神奈川フューチャードリームス)を受けたのです。

動画のおかげで、大学卒業レベルに、12歳の小学6年生

動画のおかげで、大学卒業レベルに、12歳の小学6年生 高橋洋翔くん。
ウルトラ三つ子素数を解きます。
大学の講義の動画で学び、数学検定1級(理系大学卒業レベル)に合格。弟2人も後に続きます。

世界的な、数学者として、名高い、学習院大学の飯高茂博士と高橋洋翔君が共同研究を始めています。「将来、フィールズ賞を取りたい。」 「フィールズ賞のくだりはカット出来ませんか。」 と洋翔君。好きなことで、あそこまで、動画で、突き詰められる。

動画は、不便な地域の人達も学べ、教育格差をなくす。振り返り見られる。

その昔職人と呼ばれる人たちは仕事は背中を見て盗めと言われていた。
現在は、動画を見て覚える

動画で人は成功する。億万長者になった、メイクユーチューバー

メイクユーチューバー アメリカ在住のジェフリースター、最新のメーク技術を紹介、ライフスタイルも配信して、大豪邸を建てた。

動画を使い学生と企業をマッチングするアプリで就職活動

株式会社エードット学生と企業をマッチング。学生は、30秒の自己PR動画を、企業は自社のPR動画を登録します。お互い気に入った相手にメッセージを送る。
開始4ヶ月で、1500人の学生と50社の企業が登録したそうです。
このアプリを採用した、ITベンチャー星野純一社長は、エントリーシートより動画の方が、人柄や、コミニケーション能力が一目でわかる。
目力をみます。人の目をまっすぐ見て話す人の方が、やり抜く力が強い

所さんも動画チャンネルで遊んでいます。
りゅうちぇるも動画チャンネルで自分の見せたいものを発信
牛窪さんもSNSで動画発信。モカちゃん。映り込みで住所が特定されるので、注意との事です。

まとめ&感想

動画で従業員教育。大学で動画で、学生の心をつかむ。
動画で、草野球からBC神奈川入りした、杉浦健二郎投手
動画のおかげで、大学卒業レベルに、12歳の小学6年生
動画を使い学生と企業をマッチングするアプリで就職活動の手伝い