超初心者のWordPressブログ開設記録(2)-WordPressインストール

ドメインとサーバーを連携する

お名前ドットコム側の作業

まずはお名前ドットコムの管理画面(お名前.com Navi)に進みます。
お名前ID、パスワード入力します。ログイン

【mixhost】サーバーアカウント設定完了のメールに記載されているドメインのネームサーバーを
ネームサーバーの設定
ネームサーバー情報を入力 欄に 入力します。
 ns1.mixhost.jp
ns2.mixhost.jp
ns3.mixhost.jp
ns4.mixhost.jp
ns5.mixhost.jp

mixhost側の作業

mixhostの、コントロールパネル(cPanel)にログインします。
cPanelのログイン方法は、

ご登録時に送付される、[mixhost] サーバーアカウント設定完了のお知らせメールに記載のURLにアクセスします。
または、またはマイページよりログインできます。

cPanel
メールに記載のユーザー名、パスワードを入力して、ログインをクリックします。

契約中のサーバーアカウントが表示されるので、設定するコントロールパネルへログインが出来たら、左真ん中あたりにある「アドオンドメイン」を探してクリックします。
アドオンドメインの作成という画面になるので、
新しいドメイン名」のところに、先ほどお名前.comで取得したドメイン名usumoegi.comを入力します。
その下の「サブドメイン」「ドキュメントルート」は自動入力されますので、そのままでOKです。

入力出来たら「ドメインの追加」をクリックします。
これで、ドメインとサーバーがひも付きました。

WordPressインストール

アカウントを選択
下にスクロールしていくと「スクリプト」の項目のWordPressを選択 インストール

ソフトウエアセットアップ
バージョン :デフォルテのまま (5.0.2)
プロトコルの選択:https://を選択
WordPressをインストールドメインを選択 usumoegi.com
ディレクトリ:「wp」を消し空欄に
そのほかにも入力箇所(サイト設定・管理者アカウント)がありますが、後ほど変更できるので、とりあえずデフォルテのままで install Now をクリック
ソフトウエアは正常にインストールされました。と表示されます。

独自ドメイン名を入力した時、「信用できるSSL認証は発見されませんでした」と表示されることがありますが、この場合は少し時間を置いてみて下さい。すると表示されなくなります。ドメインを追加したばかりだと、このようになることがあります

次に、
Mixhostの本契約を行います。

常時SSL化の設定:Mixhostは無料で使えるSSL証明書

Webサイトの通信を暗号化し、セキュリティの向上やSEOにも効果的なSSL証明書をドメイン無制限・無料でご利用いただけます。
認証局には世界シェアNo.1のCOMODO社を採用し、信頼性の高いSSL証明書をご提供します。
面倒なSSLの設定もお任せ下さい。ドメインを設定するだけで全自動でSSLが設定されますので、お客様は何も操作する必要はありません。

出典:https://mixhost.jp/

SSL化とは、簡単にいうとURLの先頭を「http://→https://」にして、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりすることです。

WordPressの初期設定

サイト設定

後で変更できます。
サイト名
サイト説明を入力します。

管理者アカウント設定

Admin Username
Admin Password
管理者Eメール を入力します。

「Admin Username」はデフォルトでは「admin」と入力されていますが、セキュリティを強化するために、別のユーザー名に変更することをおすすめします。

ログイン画面にはこの「管理者URL」からアクセス出来ます。
管理者URL(ログインページ)は今後何度も利用するので、お気に入り(ブックマーク)に登録します。

超初心者のWordPressブログ開設記録(3)へ続きます。

コメント